若い頃はなかったシミくすみ

若い頃はなかったシミくすみ

30代になると確実に肌が老化しているなあと感じます。そのことを1番実感するのは、20代の頃にはなかったシミくすみが顔にできてきたことです。正確に言えば、20代までもシミくすみはできていました。

しかし、夏にできても秋、冬と時間が経てばシミくすみは消えていったのです。元通りのきれいな肌に戻りました。
くわしくはこちら

しかし、30代になるかならないかと言った頃からはシミくすみが消えなくなりました。

そのまま頬に居座り、毎年増えていく一方です。特に昨年妊娠した時にはシミとそばかすが増加しました。妊娠中はメラニンができやすいそうです。シミくすみが顔にあると、顔色が悪く見えます。年齢以上に老けて見えがちなのも悩ましいです。美白用の化粧品を使っていますが、イマイチ効果がありません。デパートで売っているような高級な美白スキンケアを使えばいいのかもしれませんが、中々手が出せません。コンシーラーでシミくすみを隠している毎日です。

オールインワンゲルを成分解析で比較ラン、の詳細